正しいことが本当に役に立つとは限らない

ライターとして、ある理学療法士を取材したときのこと。
彼は日本人の受け身の姿勢を嘆いていました。
アメリカでは自宅で熱心にリハビリに取り組む人が多いのに、日本人は自分でリハビリを行わず、痛みもこりも医療機関で治療を受けて治してもらう態度なのだそうです。

彼の手法は解剖学的な観点から考案された、誰でも自分で安全にできるすばらしいもので、私は彼の記事を作るのが大好きです。
しかし。
彼の手法ではやるべき動きが多く、しかも90秒ほど静止する必要があるのです。
内心「彼が伝えている手法は正しいし、効果は確実に出ると思うけど、多くの読者はやらないだろうな」と私は思っていました。

もちろん彼は「自分の手法をすべてやる必要はない」「皆さんのできる範囲で、長く継続してほしい」とメッセージを送っています。
一方の読者は、「すべてやる必要がないなら、やる必要のある手法だけ教えてほしい」「「『できる範囲』というのが自分ではわからない」と思っているのです。

私が編集者だった頃は、「もうちょっと動きの数を絞っていただけませんか? 3つぐらいだと、読者もやる気が出るんですけど」「じっと静止するのが案外難しくて、もうちょっと短くできませんか?」などと取材時に話していました(今はライターなのでゴチャゴチャ言いませんが)。
読者が記事を読んでやる気になるかどうか、実際に試すかどうかを、正しさよりも優先してきました。

この観点が、私の作文教室では抜けていました。
過去の作文教室を振り返り、スモールステップ化はできているか、子どものレベルに合っているかを検証しました。
作文教室番外編以外は、多少の反省はあるものの、やり方としては間違ってはいないという結論を出しました。
しかし。
「私が伝えている手法は正しいし、効果は確実に出ると思うけど、子どもはやりたくないだろうな」と思い至ったのです。

正しいことが本当に役に立つとは限らない。

健康法については、雑誌の記事がきっかけで読者が興味を持ったら、次の段階で正しい手法を理学療法士の本や講座などで自ら進んで学ぼうとします。

作文教室についても、今は子どものやる気を引き出すことが最優先で、うまくエンジンがかかったら自ら進んで「どうすればもっとわかりやすい文章が書けるか」を追求していくでしょう。
「しまった、編集者時代の経験を作文教室に全然生かしてなかった」と気づきました。正しさを押し付けても、役には立たないのです。

もう1点、作文教室で気づいたのは、スモールステップ化にこだわり過ぎていたこと。
ステップごとに「このステップの目的は○○で△△と進める」とマニュアルを作っていたために、融通が利かなくなっていました。

作文教室の第3回、つまり3つ目のステップに設定していた「メモを取る」。
これをもっと早い段階で子どもに伝え、すべてのステップでメモの取り方を繰り返し教えることが作文においては重要だと今は考えています。

せっかく作ったマニュアルですが放棄して、次回の作文教室までに「すべて正しいわけではないけど、一部は正しくて子どもにとって役に立ち、やる気が出る手法」をまとめます。


余談ですが、夏休みの読書感想文クラス「手取り足取りコース」では、簡単なワークシートを作りました。

すべての回に参加できない子どもでも、自宅で読書感想文を書けるようにしておきたいと思っています。

2 件のコメント :

  1. 理解してもらいたい、笑ってもらいたい、泣いてもらいたい・・・読み手の反応を期待する気持ちが筆を進める推進力ですね。子供の書いた文章を読んでもっとリアクションしてあげようかなと思います。もしかしたら反応を期待して書くようになるかも。

    返信削除
    返信
    1. リアクション、大事ですね。

      削除